CARE

ニットウェアのケアについて

① 着用後はブラシをかける

着用後は、編み目に沿って優しくブラッシングをしましょう。ほこりや汚れを取ったり絡まりかけた繊維をほぐし毛並みを整えることで、毛玉ができにくくなります。 繊維を傷めないよう“こすらずに払う”がポイントです。手首を回して払うようにしてください。 繊維をほぐしてから、ほこりを払い飛ばすように使いましょう。

【使いやすい洋服ブラシの選び方】
・ブラシが馬毛(天然毛)でできている。
・手のサイズに合っている、持ちやすい。
・植毛の密度が高い

【毛玉】 毛玉が目立ち始めてしまったら、小さなハサミや毛玉取り機で繊維の絡まっている部分から毛玉を切り離しましょう。 誤って毛玉周辺の糸や生地を切らないようにすることが大切です。 毛玉取り機を使うときは、平なところで利用するなど、取扱説明書をきちんと読んでから使いましょう。

② 着用後はすぐに収納しない

着終わったニットは、硬く絞ったタオルで襟元や汗の付きやすい脇の部分をたたき拭きすると汚れが取れます。 次に体温や湿気をとるためにハンガーに吊るしておきましょう。 伸びたり型崩れしたりしないよう、掛けたままにはせず、畳んで収納しましょう。 虫食いを防ぐため、袋に包んであげるのもおすすめです。

③ シミがついたらすぐに「シミ抜き」

シミが付いたら、中性洗剤や専用のシミ抜き用の洗剤ですぐに取りましょう。 変色やカビ、虫食いの原因になります。

【シミ抜きの順序】
1.服についてしまった食べ物、花粉や泥などの固形物は、まず乾いたティッシュペーパーなどでつまみ取るようにふき取ります。
2.シミを落とすときは衣類の内側にタオルをあててください。(ついてすぐのシミほど色素が裏に移りやすいので注意してください。)
3.中性洗剤やシミ抜き用の洗剤をシミ部分に少量垂らし、水に濡らしたタオルやティッシュペーパーなどで叩くように落としていきます。
4.シミ抜きをしたら必ず丸洗いしてください。シミ抜き用の洗剤を放置したりシミ抜き部分をアイロンやドライヤーで乾かすとかえってシミの原因になってしまいます。
※大きなシミや頑固な汚れは、専門のクリーニング屋さんに相談してください。

④ ほつれ、飛び出しを直す

バッグや金具に引っ掛けるなどでほつれてしまった場合、ちょっとしたほつれであれば、前後左右に揉むだけで直すことができます。 ただし、糸が飛び出してしまったときは、無理に引っ張らないようにしましょう。糸が切れてしまう場合があります。 糸の飛び出しを直すには、かぎ針や刺繍用の縫い糸等を使い、ニットの裏側から優しく引いてあげる等しましょう。

※その他、製品に関してお困りの際はお気軽にご相談ください。